フランチャイズ加盟や代理店経営で独立、開業をサポート!iPhone修理、中古携帯電話の買取・販売、水没データ復旧、ダイヤモンドやルビーなど宝石買取事業のシステム契約も募集中!

宝石査定システム事業 -ニチマテシステム-

  • HOME »
  • 事業案内 »
  • 宝石査定システム事業 -ニチマテシステム-

ジュエリーリサイクルの市場規模

現在、日本における年間の宝飾品の売上高(小売)は約1兆円、バブル期1990年前後の売上高は約3兆円、そしてバブル期を含めて家庭に眠ったままの「タンス在庫」は約60兆円あると言われています。
この数字はあくまで小売価格ですので、素材の価値としては約3分の1程度と考えられます。
つまり、その金額「約20兆円分」がダイヤモンド、色石を主としたジュエリーリサイクル市場の規模だと考えられます。
また、現在の年間のリサイクル市場規模は、地金を含めて約3000億~4000億円ですので、地金の割合が90%以上を占めていることと、地金は相場に影響を受けやすいことを考えると、「年間約300億円のジュエリーリサイクル市場」に活路を見出すことが、この業界を生き抜くための必須条件と考えられます。

今日現在、リサイクルブームを経て、金、プラチナがお金になるということは一般的に知られてきましたが、ダイヤや色石のジュエリーがお金になるということはそれほど浸透していないのが現状です。しかしながら、ダイヤをはじめ色石を査定して買取るということは、査定スキルの問題や相場価格の把握が難しい為、簡単ではありません。ましてや地金の買取り以上にエンドユーザー様に安心、信頼感を与えなければなりませんので、スタッフのスキルアップのサポート及び、簡単、安心な買取りシステムの導入が不可欠だと感じております。今回のこの「ニチマテシステム」を通じて、皆様の益々の発展に繋がっていくことを切に願う次第であります。

ニチマテシステムは査定システムだけのサービスではありません

ニチマテシステム

「宝石査定システム事業 -ニチマテシステム-」についての詳しいご説明はこちら


ニチマテドットコム

PAGETOP